『おまかせ』人生の記

アクセスカウンタ

zoom RSS 準備期間

<<   作成日時 : 2006/08/04 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

特別祈祷をお願いしたのでFさんが『圓眞さ〜ん、ご祈祷ですよ。珍しいお経をおあげいたしますよ』とおっしゃって、ご祈祷が始まる。

住職さんは、護摩壇で印を組んでいらっしゃる。
読経が終わると、錫杖によるお加持。
錫杖には、適度の重みがあるので、背中をポンポンとやっていただくと、悪いものがでていくような気がする。

お焼香を済ませると、饂飩屋さんがお神酒を配ってくださった。
小さい紙コップに、青面金剛さまのご真言をお唱えしながら注いでくださる。
正直、お酒は結構強い方と思う。
おいしい、と思っていただいた。
『はい、どうぞ』とまたついでくださるので、またおいしい、と思っていただいた。
そして、もう一杯。
小さいとはいえ、3杯たてつづけにいただきました。しみるぅ〜。

すると、珍しく、おなかがあつくなった。
ありゃあ、酔っぱらってる、と思った。
ここでタイム・アウト。
新幹線の時間があるので、ご挨拶して失礼した。

寝つきが悪い私は、どんなに疲れていても新幹線でグウグウ寝ることはできない。
ところが既に目がトロン状態になっており、途中の短い時間ではあったが、熟睡してしまった。
通路側の席だったが、頭が全部椅子からはみだしていた。
横を通る人は、さぞ迷惑だったろうなあ。

帰宅してベッドに入ったときも、京都から戻るといつもは興奮状態なので寝られないのだが、この時はなぜかすぐに寝付いて、熟睡できた。ありがたかった。

プチ夏休み・其の壱は、かくのごとくであった。
夏気分、満喫。 たとえこの夏が冷夏になろうとも『ああ、私はあっつい夏を経験したなあ』と思える。やはり、夏は暑くないと。
夏生まれの私は、寒いより暑い方をえらびたいのであった。



そして、運命の7月30日は、やはり特別な一日になりました。
行者さんをたくさん間近にして、考えさせられました。

こういう人たちの前では、いい子ぶっても絶対ダメだ。
自分を飾っても、絶対に化けの皮は剥がれる。
内面からきれいになることを心がけないと。

正直でありたいと思いました。でも、醜さのある正直ではよろしくありませぬ。
きれいな正直でありたい、と節に思いました。

そして、K住職からは、『今は、次のステップに進むための準備期間だと思う』というお言葉をいただきました。
どのようなステップになるかは、準備の内容によって決まると思うのです。
もし、ちょっと高めのステップを用意してくださっているとしたら、落ちないようにがんばって、進んでいけるだけの準備をしていきたいと思います。
今日、今、できることから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
準備期間 『おまかせ』人生の記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる